labo

披露宴のこと ~さまざまなスタッフの協力で作り上げられる披露宴~

披露パーティーのプログラムは、それぞれの会場が用意している進行案をベースに、プランナーが新郎新婦の好みを反映させ演出効果なども図りながらオリジナルの進行プログラムを作るケースが多くなっています。
プログラムの順番もさまざまです。


披露パーティーに関わるスタッフは、記録担当として、フォトグラファー、映像スタッフ。演出担当として司会者と音響・照明スタッフ。
開演前のテーブルセッティングでは、サービススタッフとフラワーコーディネーター。料理・飲み物をサービスする配膳スタッフなど、多くの人員がそれぞれの役割を持って祝宴を作り上げます。

チームとして連携して作り上げることが大切

披露パーティーの開宴前、ゲストは控え室やロビー、チャペル前庭などでウエルカムドリンクを飲みながら過ごし、時間が来ればプランナー、あるいは会場サービス係が披露宴会場へと誘導します。


(画像提供 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

披露パーティー前半の主要なプログラム

1.新郎新婦入場
音響スタッフがBGMで盛り上げる


2.司会者より開宴の辞
3.新郎のウエルカムスピーチ
4.新郎主賓・新婦主賓のスピーチ
5.乾杯
来賓のミニスピーチのあと乾杯、いよいよ食事開始


6.プロフィール紹介
映像を流すケースが増えています


7.ケーキカットセレモニー
8.新婦色直しのため中座
退場の際にサプライズ演出を入れるのが最近人気


9.新郎色直しのため中座
ふたりは色直しの後、記念撮影を行なうことも


料理出しやパーティー進行は基本的に宴会キャプテンと呼ばれる会場サービスの責任者が仕切り、司会者がアナウンス。宴会キャプテンの指示のもと、配膳スタッフが料理・飲み物をテーブルまで運んでサービス。また入退場時に新郎新婦の付き添い&世話係としてアテンドプランナーや介添えスタッフが控えています。
照明と音響は、基本的に1人のスタッフが会場隅に設置された操作卓でオペレーションを行ないます。


(画像提供 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

パーティーが間延びしないよう余興・演出タイムを挿入

新郎新婦の色直しは、もっぱら美容スタッフが行ない、衣裳室スタッフが関わることは基本的にありません。最近、色直し後の記念撮影は前撮りで行ない、ゲストの待つパーティー会場へ早く戻ることを望むカップルが増えています。


(画像提供 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

披露パーティー後半の主要なプログラム

1.新郎新婦再入場
光る液体などを使用し、各テーブルをまわる演出が人気です


2.余興タイム 
前半・後半通じて歓談時間が長すぎないよう余興を入れます


3.コース料理のメインとなる肉料理提供 
4.デザートタイム
ブッフェスタイルにするケースも増えています


5.両親への花束贈呈・手紙朗読
花束以外の「自分らしい」記念品を渡す場合も


6.両家代表・新郎からの謝辞
7.新郎新婦退場
オリジナルのエンドロール上映が人気


8.送賓 
新郎新婦、両家両親がゲストをお見送り


色直しを行なう新郎新婦は席についている時間が短いため、料理があまり食べられないことから、会場によっては終宴後にブライズルームなどでもう一度料理を提供する事例もあります。引き出物は、パーティー終盤に配る方式、開宴の最初から各席に用意する方式、送賓の際にゲスト一人ずつに手渡す方式などがあります。また、パーティーで使用された卓上装花をペーパーバッグなどに入れて持ち帰ることができる会場も。
おひらき後、新郎新婦は美容室で普段の服に着替えて、会場を後にします。また二次会にそのまま出かける場合は、二次会衣裳にチェンジして送り出します。


(画像提供 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

ウエディングラボ一覧ページへ戻る