labo

挙式のこと ~結婚の誓いを立てる特別な時間~

結婚式とは、挙式(セレモニー)を意味しますが、披露宴を含めた全体を指し示す場合もあります。
現在多く行なわれている挙式スタイルは、教会(キリスト教)式と神前式、人前式の3つ。
ここではそれぞれの挙式スタイルと、スタッフの役割を紹介します。

チャペルとチャーチの違いを理解しよう!!

教会式はキリスト教の信者が行なう結婚のセレモニーで、教会(チャーチ)で行なわれます。チャーチは本来、お祈りや集会を行なう公的な信仰の場であり、結婚式も信者対象のため、未信者は複数回の結婚講座出席が義務付けられています。日本で行なわれる教会式の多くは、未信者のカップルでも結婚式が挙げられる、チャペルと呼ばれる施設で執り行われています。


教会式の司式を担当するのが、プロテスタントでは牧師、カトリックでは神父です。牧師の他に、式の進行に携わるスタッフもいます。神にささげる聖歌を歌う聖歌隊、パイプオルガンを演奏するオルガン奏者、そして、新郎新婦をチャペルまで案内し、セレモニーの開始・終了時の進行役を勤めるアテンダーなどです。さらに、会場によっては音響を担当するスタッフ、式の様子を撮影するカメラマンなども。

教会式の式次第例 (プロテスタントの場合)

・参列者の入場と着席
・開会の辞
・新郎入場
・新婦が父親と入場
 父親から新郎に託され、新郎新婦が牧師と向かい合う。


・聖歌隊とオルガン奏者による賛美歌
・祈祷
 神に祈りをささげる


・誓約
 新郎新婦が牧師の問いかけに答え、結婚を誓い合う


・指輪の交換
・結婚宣言
 牧師がめでたく夫婦となったことを宣言


・結婚証書にサイン
・閉会の辞
・新郎新婦退場
・参列者の退場とフラワーシャワーなど祝福の演出の準備
・新郎新婦への祝福の演出
 式の時間はおよそ30分。また本番の前に、入場の仕方など新郎新婦のためにリハーサルが行なわれます。


(画像提供 八芳園)

巫女、または介添えが式進行をサポートする神前式

神前式は神社、あるいはホテル、専門式場などの館内に用意された神殿にて執り行われます。神社に所属する神職=斎主(さいしゅ)が司式を担当し、巫女(みこ)による舞が披露される場合もあります。
また式前後の案内を巫女、または会場の介添えが務め、滞りなく式が執り行われるようサポートします。雅楽の生演奏を行なう楽人(がくと)がいる会場もあります。

神前式の式次第例

・参列者入場
・新郎新婦と両親入場
・斎主による挨拶
・修祓(しゅうばつ)の儀
 斎主によるおはらい


・祝詞(のりと)奏上
 新郎新婦の結婚を斎主が神に報告


・三献(さんこん)の儀
 三々九度の盃を交わす


・誓詞奉読(せいしほうどく) 
 新郎新婦が結婚の誓いの言葉を読み上げる儀式


・指輪の交換
・玉串奉奠
 榊の小枝を神殿にお供えする


・親族盃の儀
 参列者全員でお神酒を飲み、絆を結び合う儀式


・祝辞
 斎主からのお祝いの言葉


・退場


神社であれば、式が始まる前に、参進と呼ばれる楽人や神職と新郎新婦、両親が一列になって神殿に向かう儀式や、玉串奉奠のあとに巫女の祝いの舞が行なわれます。式の時間はおよそ30分。


(画像提供 八芳園)

オリジナリティを追求できる人前式

人前式では神ではなく、参列したゲスト全員や互いの両親などに結婚の誓いを立てます。


チャペルで行なう場合もありますが、チャペルに限らず、場所もセレモニー内容もほんとうに自由。
多くは教会式をベースにふたりのオリジナル演出を加えてコーディネートされます。

ウエディングラボ一覧ページへ戻る