topics

世界に一つしかない私だけの着物ドレス~京都産業大学伊吹ゼミナール研究発表

トピックスメインイメージ

社会的な課題の解決を研究テーマに掲げる、京都産業大学経営学部 伊吹ゼミナール。
同ゼミナールでは、「和装を恒常的な文化にする」という課題に対し、「着物ドレス」から和装の魅力を広めるための動画を制作しました。
その研究・制作内容をご紹介します。

着物ドレスって??

「和装には魅力を感じるが、着付けが大変、着こなしも難しい」
と言ったニーズに応え、着物をリデザイン・リメイクして、和装の華やかさと洋装のカタチ、現代的価値観を融合させたドレスです。


その着物ドレスの中でも今回私たちが取り上げたのは、母の着物・成人式の着物・箪笥に眠っている着物をリメイクして、もう一度着物ドレスとして甦らせる“着物リメイクドレス”。
世界に一つの自分だけのドレスです。

和装を恒常的文化に ~若者たちの和装に対する思い~

私たち伊吹ゼミナールでは、着物・和装品の製造販売を手掛ける荒川株式会社から「和装を恒常的な文化にしてほしい」という課題をいただき、その課題解決のために日々活動を行なっています。


若年層から団塊ジュニア世代による和装離れが多くみられる現在の和装業界。原因として考えられるのは着物の高級化・高価格化、着用シーンの減少、消費者の知識の低下です。


また、気軽に着用できないことから和装に興味を持っている人は多いが着用率が少ないという現状があります。


※グラフ:伊吹ゼミ街頭調査結果
232人中197人の方が関心があると答えられました。
調査日程 2014年11月15日~30日
調査対象 20代から30代女性


※荒川株式会社 http://www.e-arakawa.com/

和×洋の融合 ~“着物ドレス”を結婚式で~

私たちは「和装を恒常的な文化に」という課題解決のために、結婚式(披露宴)での衣裳をターゲットに若年層~団塊ジュニア世代へ向けた和装への新しい入り口を作ることにしました。


「世界に一つだけの着物ドレス。」
その着物ドレスを着て自分だけの特別な結婚式を挙げてもらいたいと考え、制作したのが、
動画「広まれ!着物ドレス」です。

動画 ~広まれ!着物ドレス~

この着物ドレスを広めるためにいつでもどこでも何度でも見られる動画を手段に!


動画を作るために、スポンサー探し・ストーリー作成・キャスト集めなどを一から行ないました。


この企画の目的は、動画をきっかけに着物ドレスを披露宴などで一人でも多くの人に着てもらうこと。そして、着物ドレスが和装への入り口となり、今よりも和装が恒常的な文化になることが私たちの最終的な目標です。


そのために一人でも多くの人に関心を持ってもらえるようにYouTubeでの1万回再生を目指しています。


一眼レフを使って被写体の美しさを最大限に映し出したオリジナル動画です。
是非、ご覧ください。


http://youtu.be/hGBrGArM1M4


 

輝く笑顔 ~from着物ドレス~

今回この撮影に衣装を貸していただいたのは、
着物ドレスNADESHIKOさん。


たくさんの古典柄が散りばめられた着物から生まれ変わった、真っ赤なドレスを身にまとい、モデルさんの素敵な笑顔が一層輝いて見えます。


レンタルできる着物ドレスもあるので、ぜひ一度着てみてはいかがですか?


※着物ドレスNADESHIKO http://www.bridal-sakura.com/

<問い合わせ先>
京都産業大学経営学部 伊吹ゼミナール
g1212762@cc.kyoto-su.ac.jp(進藤)


 

トピックス一覧ページへ戻る