topics

【開催レポート】男子学生限定!ウエディング・ブライダル業界研究セミナー

トピックスメインイメージ

2月3日に開催された「男子学生限定!ウエディング・ブライダル業界研究セミナー」。


ウエディングジョブでも初となる男性限定のセミナーでしたが、午前・午後合わせて約60名の学生さんにお集まりいただきました!男性だけということで、企業、学生共に本音トークもたくさん飛び出し、熱気あふれる会となりました。
→セミナー詳細はコチラ


<参加企業>
グローヴエンターテイメント(株)  午前・午後
TAKAMI BRIDAL (高見(株))  午前・午後
(株)マイプリント 午前・午後
(株)ディアーズ・ブレイン 午前
(株)八芳園 午後

「データから見るウエディング業界 業界の構成、現状と未来を知る」

講師:The Professional Wedding編集長 石渡 雅浩


 ・参入障壁が低いブライダルビジネスの拡大傾向
・婚姻組数推移にみる、少子化・晩婚化の影響と今後の可能性
・ 新郎が結婚式準備に積極的になっている時代。男性が求められている!
・ウエディングビジネスにおけるブルー・オーシャンとは


石渡編集長が、データをもとに解説! 業界の課題と未来、そして、男性が求められている背景をお伝えしました。

パネルディスカッション「若手からベテランまで! 活躍中の現役男性社員に聞く!」

参加企業の取り組みについての紹介の後は、現役社員によるパネルディスカッション。


それぞれが所属企業を選んだ理由や、仕事のやりがい。女性が多い業界の中で、それぞれの環境の中で男性に求められていると感じる役割、女性とのコミュニケーションで大切にしていることなどを語っていただきました。


和やかな雰囲気の中、笑いが起こったり、ホンネも飛び出したり。学生の皆さんは理解も深まり、親近感もアップしたのではないでしょうか?!


パネルディスカッション後はパネラーたちがテーブルを回ってじっくり質疑応答も。

「現役社員と考えるワークショップ ~結婚式は世の中にどんな影響を与えられるのか~」

ディスカッションワークでは、各企業の人事担当者や現場のスタッフも加わり、業界の現状や各企業の取り組みなどのアドバイスももらいながら、各グループ熱いセッションが交わされました!


就活をする上で、「結婚式」について考える、よい機会となったのではないでしょうか。


その発表内容の一部をご紹介します。


Step1  結婚式を行なう新郎新婦、家族、友達、知人に与える影響は?


●新郎新婦にとって


・新たな人生の第一歩に。
・あらためてお互いを家族や知人・友人にも紹介できる。
 →新しい人間関係を築ける。
・ゲストのことを考え、思い出を振り返る機会になる。
・両親への感謝、喜びを感じる。
・思い出に残る。


●家族にとって


・結婚式では「家族」に感謝の思いを伝えられる。
・家族にとっても子育ての節目としての「安心感」を伝えることができる。
・両家の家族が「つながる」ことができる。


●列席した友人・知人にとって


・結婚式に参加することで、幸せな気持ち・ポジティブな気持ちになれる。
・「こんな結婚式いいな」「自分だったらこうしたいな」など、新たな結婚式にもつながる。幸せのスパイラルに。
・思い出に残り、未来につながる。


Step2  結婚式があることで、世の中にはどんな影響があるのだろう。


●経済的効果


・衣裳、花、指輪、写真、映像、エステなど、さまざまな関連消費が起こる。
・結婚式・披露宴だけでなく、二次会、三次会の消費、式後の記念日事業・サービスへの発展も。 
・経済活動が生まれると、雇用の創出にもつながる。
・地域で式を挙げると地域の活性化につながる。


●心理的効果


・参加者だけでなく、外での式などで結婚式の様子を地域の人も見られると、地域も幸せな、温かい雰囲気に包まれる。


Step3  入籍しても結婚式をしないカップルが増える中、結婚式を増やすために必要なことは?


★結婚式を挙げない理由の検証


・経済的な理由
・おめでた婚で体調面や多忙で式を挙げられない
・共働きで忙しい
・セレモニーへの苦手意識


↓ ↓


●多種多様な結婚式を提案し、実現できるようにすること。


・ふたりの思い出の場所で結婚式を挙げることで、結婚式に意味を見いだしてもらう。
・お子さまが主役の結婚式を提案。
・共働きで忙しいカップルには、プランナーが自宅まで行ってプランニングし、時間を有効活用するなど、式のカタチだけでなく打ち合わせなどのアプローチも多様に。


●さらに、ニーズに合わせた多様な結婚式ができることを多くの人に伝えることが必要。


・SNS
・広告
・クチコミ
・義務教育に入れて、子どものころから結婚式の意義を伝える


●結婚式でゲスト同士知らない人が出会うことで、婚活にも。
 →ここで式を挙げたい、と思ってもらえれば新たな結婚式にもつながる

★  ★  ★  ★  ★


セミナーを通じ、参加企業それぞれのカラーも出て、男性の働き方のイメージや、仕事のやりがいについても理解が深まったのではないかと思います。


「ビジネスチャンスがまだまだたくさんある業界だということが知れた」
「ウエディング業界おもしろそうだと感じました」
「男子限定のセミナーはなかなかないので、本当に来て良かったです」
「グループワークをすることでテーブルに座った人同士仲良くなれた」
といった声もいただきました。


今回お越しいただけなかった男性の皆さん!


2月17日の「ウエディング・ブライダル業界 就職フェア」のミニトークショーでも、男性の活躍についてご紹介します。ぜひこちらもお見逃しなく!!
http://bit.ly/shusyokufair160217


 

トピックス一覧ページへ戻る