works

ウエディングプランナー(リゾート)

リゾートウエディングの場合、プランナーは挙式、パーティー、映像、写真、ハネムーンなどをトータルプロデュースするほか、往復も含めた旅行の手配も行ないます。企業ごとに国内外のさまざまなエリアや会場、プランを取り扱い、結婚式当日は主に現地スタッフが施行します。


 


会場が海外や国内の離れた場所にあるため、お客さまは事前に会場を見ることができませんが、画像や動画のほか、VRも活用されています。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

原田 侑香(はらだゆか)さん


(株)ベスト-アニバーサリー
第一営業部(家族挙式・海外)リゾートウエディングプロデューサー
2015年4月入社

経歴

旅行が好き、結婚式が好きという2つの“好き”を仕事にしたくて、日本外国語専門学校国際ブライダル科に進学。卒業後、(株)ベストブライダルに入社。婚礼サービス業務経験後、2016年家族挙式・海外部門へ。現在はグループ会社の(株)ベスト-アニバーサリーにてハワイ、バリ、沖縄ウエディングの新規接客担当。

お仕事内容は?

 海外挙式をお考えのお客さまのご要望を伺い、ご希望に合う式場の手配をはじめ、弊社では旅行業も営んでいるので、往復の飛行機やホテルの手配はもちろん、挙式以外の日のアクティビティの手配などもしています。

1日のスケジュールを教えてください。

ある平日の場合

10:30

出社 メールチェック

10:45

朝礼

11:00

プロデューサー業務(新規・打ち合わせ・お問い合わせ対応・メール対応・手配など)※平日はこの時間帯にミーティングや研修が入ることもあり

14:00

休憩

19:00

清掃

19:15

終礼

19:30

退社

 

★☆ある土日祝日の場合☆★

10:30 出社 メールチェック
10:45 朝礼
11:00 プロデューサー業務(新規・打ち合わせ・お問い合わせ対応・メール対応・手配等)
14:00 休憩
19:00 清掃
19:15 終礼
19:30

仕事をする上で大切にしていることは?

 海外挙式はアクシデントが起きたときに、われわれスタッフがそばにいることができません。たとえば飛行機が遅れた場合、挙式時間をずらさなければならないこともあります。


 そうしたときにおふたりが現地に着くまでに、式場と連絡を取り合ってスケジュールを立て直すなど、即応力が求められます。時差や国民性の違いですぐさま答えが返ってこないこともありますので、何かあったときに、お客さまに「原田さんに任せておけば大丈夫、なんとかなる」と安心していただけるように、打ち合わせ段階からしっかりとおふたりのご要望を伺い、全力でそれを実現するように努力する。


 信頼関係をつくることを心がけています。

必須アイテムは何ですか?

 カレンダーと地図、それと弊社オリジナルの1年分のサンセット表です。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

 高校時代に結婚式場でアルバイトをしたのが、ウエディング業界を知るきっかけでした。旅行が好きで海外に行きたかったので、CAという選択肢も考えましたが、「毎回違うことがしたい」「接客が好き」「自分が楽しめるもの」と、いろいろな自分の希望を集約した結果、海外ウエディングを手がける会社で働きたいと思い、専門学校のブライダル科に進学しました。


 今の会社は海外挙式の他にも、ゲストハウスやホテル、レストランなど、グループ会社にまたがって幅広いフィールドがあり、入社後に様々な部署の研修を受けられるので、すごく勉強になります。


 グループに幅広い事業があることで「ウエディングがやりたいと思って入社したけど、将来はホテル事業にも携わりたい!」と、新しい目標を見つける人もいます。私自身は、研修や実習での経験を通じて、改めてウエディングが好き、海外ウエディングがやりたいと思いました。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

 当たり前のことですが、細かいことまで確認を怠らない、注意力が大事です。


 顔を見て行うお客さまとの打合せでも、齟齬は起こりうる。メールや電話でやりとりする海外とは、さらに起こる確率が高いので、なんとなく違和感を感じること、“目に見えないもの”を、ちゃんと確認してお打ち合わせや手配などを進めていくようにしています。

就活生へのメッセージ

 つらいときは一人で抱え込まないで、友人や親、学校の先生に話してください。


 話すだけで気が楽になることもあるし、ほかの人のふとした言葉が気付きになることもあります。就活中はどうしても全力で、すべての時間を使って、就活に集中していないといけないような気になるものです。


 でもプライベートを充実させている、逃げ場がある方が頑張れます。最初は人のアドバイスを聞く、最後は自分で決める。頑張ってください。

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る