works

フラワーコーディネーター

ブライダルのフラワーコーディネーターは、ブーケやヘア飾り、会場装飾を担当。おふたりの希望を聞きながら、デザインや花材を提案していきます。


求められる資質は、センスとタフさ、そして接客業としてのコミュニケーションスキル。水を張った花器やバケツの移動や、立って作業することも多いなど、体力も必要です。


やりがいは完成したブーケを渡した時に広がる、花嫁の満面の笑顔。技術職でもあるため、結婚後も雇用形態を変えるなどして勤め続ける人も多い仕事です。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

木下 麻衣(きのした まい)さん


ブレスエットロゼ((株)花乃店千樹園)
横浜アトリエ所属 
フラワーコーディネーター
2013年4月入社

経歴

静岡大学情報学部卒。サービス業のアルバイトからウエディング業界に興味を持ち、花が好きというところから、フラワーコーディネートを通してウエディングに関わりたいと考える。ブライダルフラワーの会社で新卒採用があるところだけでなく、未経験者OKという会社にもアタックし、ブレスエットロゼに、ブライダルフラワーコーディネーターを目指して入社を決める。

お仕事内容は?

 お客さまとのご結婚式の装花のお打ち合わせから、当日のセッティングまでの一連の業務を行ないます。


 まずお客さまに、ブーケや会場装花、ご結婚式の演出に関わる花について、ご案内・ご提案をします。お好みやご結婚式のテーマ、お衣裳や会場の雰囲気、季節、時間、さまざまな要素を踏まえて、新郎新婦さまならではのコーディネートを一緒にイメージしていきます。


 その後、花材の仕入れ、花の管理、商品の製作を行ない、ご結婚式当日に会場に花のセッティングをします。

1日のスケジュールを教えてください。

ある土日祝日の場合

7:30

出社
最初のご婚礼納品準備(商品の最終確認、ラッピングなど納品準備、車への積み込み)

8:30

会場へ出発

9:00

新郎新婦さまにブーケのお届け、会場に装花のセッティング

11:00

アトリエに戻り片付け

11:30

昼食

12:30

次のご婚礼納品準備

13:30

会場へ出発

14:00

新郎新婦さまにブーケのお届け、先のご婚礼装花からセッティングの切り替え

16:00

アトリエに戻り片付け、次週のご婚礼の準備、花の水替えや整理 or お客さまとのお打ち合わせ

18:00 

退社

 

☆★ある平日の場合☆★
 9:00  出社-メール確認
 9:30  結婚式会場で普段から飾っている花の活け込みor花の水揚げ(曜日によります)
11:00 花材の確認や必要資材の手配・準備
12:00 昼食
13:00 事務処理
14:00 商品の製作
15:00 お客さまのカウンセリング(1時間30分程度)
18:00 退社

仕事をする上で大切にしていることは?

 「この花を使いたい」というように、明確なご要望を持って打ち合わせに臨むお客さまもいらっしゃいますが、漠然としたイメージしかない、あるいはまだよくイメージ出来ていないという方もいらっしゃいます。


 そうしたお客さまに対して、お花のことだけでなく趣味やファッションなど、いろいろなことをお話ししながら、その方の好きなポイントを探っていきます。


 ご要望にただお答えするのではなく、お招きするゲストのことも考えます。たとえおふたりがいいと思うものでも、あまりに奇抜なものであったりすると、ゲストがくつろげないということもあるので、そういうときは「おふたりはそれのどこが気に入っているのか」を考えて、そのお気に入りポイントに合った、ゲストの方にも「いいね!」と言っていただける案をご提案します。

必須アイテムは何ですか?

 打合せの際、参考にする写真です。花そのものでなくても、イメージを共有するには言葉だけでなく、ビジュアルが合った方が、よりわかりやすくなります。


 また、はさみは装花を製作するときの必需品です。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

 大学時代のアルバイトがきっかけで、ウエディングの世界に興味を持ちました。


 小学校のころから生け花を習っていたこともあり、ブライダルフラワーを手掛ける会社の説明会に行ってみたら、そこの展示してあるコーディネートが何もかも素敵で、私もこういう仕事がしたいと思うようになりました。


 当時は、新卒採用という会社がなかったので、「未経験者OK」という条件で探して、現在の会社に入社しました。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

 まず体力です。花を扱うのは思った以上に力仕事。それから生きた花を扱うので、鮮度を保つためにも作業の手早さと繊細な気配りが必要です。


 花の知識は入社してから図鑑などを見て覚えていくので、学生時代からそんなに詳しくなくても大丈夫です。


 学生時代にやっておいた方がいいのは、いろいろな人、世代の違う人と話すことです。お客さまだけでなく、ウエディングプランナーを始め、多くの人たちとのチームプレイで結婚式は成り立っています。そうした人たちとの打ち合わせも、仕事の大事な部分です。


 これは一朝一夕に出来るようにならないので、学生のうちにたくさん経験した方がいいと思います。

就活生へのメッセージ

 自分がどんな仕事がしたいのか、どんな会社がいいのか、考えているうちにどんどんわからなくなることがあると思います。そういうときは考えるのではなく、純粋に「好きなこと」を思い出してください。「好き」「ときめく」という気持ちに従って、間違いはないと思います。


 自分が本当に好きなことは何か、見つめ直すと道が見えてきます。

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る