works

ジュエリーコーディネーター

エンゲージリング、マリッジリングといったブライダルジュエリーは、結婚を決めた時の気持ちや結婚式の感動と共に、一生身に着けていられるもの。結婚式にまつわるものの中でも、形に残せる数少ないアイテムの一つです。


高価な品を扱うため、身だしなみや所作、言葉遣いなど、その商品を提案するにふさわしい人材が求められます。またブランドの歴史や宝石の加工技術などの知識と共に、コーディネーターとしてのセンスも必要です。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

湯浅 聖子(ゆあさ しょうこ)さん


プリモ・ジャパン(株)
アイプリモ近鉄あべのハルカス店
入社:2012年4月

経歴

短期大学卒業後、2012年4月、新卒でプリモ・ジャパン(株)に入社。アイプリモ心斎橋店に配属。13年10月、アイプリモ近鉄あべのハルカス店にオープニングスタッフとして異動。現在に至る。

お仕事内容は?

仕事内容は接客・販売がメインです。一言で「接客」と言っても、購入を検討されているお客さまへのご案内以外に、リングのメンテナンスやお受け取りにいらっしゃったお客さまへのご対応もしています。


平日には提携式場へ訪問し、パンフレットの納品や情報共有にも取り組んでいます。店舗内のポジションとしては中堅スタッフにあたりますので、店長と後輩スタッフとの架け橋となれるよう意識しています。スタッフの間で出た意見をすくい上げて店長へ相談をしたり、逆に、店長との間で決めた取り組みをスタッフへ伝え店舗全体のチームワークを向上させていくことも私の大切な役割です。


 

1日のスケジュールを教えてください。

10:45

出勤

 

11:00

掃除、リングのカウント作業

11:30 

開店、1日のスケジュール、メール確認

お客さまへの手紙作成(仕上がったリングと共にお渡しします)

 

13:00

後輩と販売ロールプレイング

 

13:30

お昼休憩

14:30

提携式場へ持参するパンフレットの作成・準備

15:30

接客

17:30 

お客さま情報の入力、確認

18:30~ 

接客

19:30

出勤スタッフと1日の振り返り

19:45 

退勤

この仕事に就いてよかったこと、やりがい、大変なこと。

新人の頃は、お客さまに合わせて柔軟な対応をすることが難しいと感じていました。
男性お一人のお客さま、再婚されたカップル、ご両親とご一緒にいらしてくださった方・・・年齢も来店スタイルもさまざまです。中には、緊張のあまりお話をしてくださらない方もいらっしゃいます。


接客業だからといって、ただ笑顔で明るく振舞うだけではいけないことを学び、目の前のお客さまに合ったご案内をすることを一番に考えました。その結果、自然とお客様との距離感が縮まり、
「湯浅さんに担当してもらえて良かった」
「ドキドキしていたけど、途中から話しやすくなりました」
というお言葉もいただけるようになりました。
今でも私自身のやりがいに繋がっています。


 

必須アイテムは何ですか?

会社からもらったボールペンです。


プリモ・ジャパンでは、入社から3年間プリモカレッジという研修を受ける制度があります。
3年の課程を修了した社員に贈られるこのボールペンは、自分の名前が刻印されているとても特別なもので、お客さまにご成約をいただいた際にも、このボールペンで伝票を作成しています。


ヘッドの部分にはダイヤモンドが付いていて、いつもうっとり眺めてしまいます。私にとっては、新人時代を努力し頑張ってきた証でもあり、お守りのようなアイテムです。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

私は小学校1年生から14年間ジャズ・ダンスを習っていました。いろいろなイベントに参加する中、私のダンスを見て感動し、喜んでくれる方に出会いました。


「私が発信する何かから、お客様へ忘れられない思い出を提供したい」
という気持ちがダンス経験から生まれ、その想いは、人生で一度きりの『結婚』というタイミングに携わりたいという目標に結びつきました。


 

どのように就職活動をしましたか?

短期大学のキャリアセンターへ通い、担当の先生と二人三脚で内定を目指していました。
近くで支えてくださる先生がいるのは本当に心強く、私も楽しんで就職活動を頑張ることができました。
選考を一つ終えるごとに先生への報告と振り返りを徹底し、次の面接への対策をしていました。
その中でも大事にしていたことは、自己分析。自分の強み弱みはもちろん、学生生活を通して学んだことや、アルバイトにて経験した失敗談など、今までの経験全てと向き合うことで、「湯浅 聖子」という人間を好きになれましたし、面接でも自分自身を上手くプレゼンテーションできましたね。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

「観察力」


お客さまとお話しする際のコミュニケーション能力や、商品をご案内するプレゼンテーション能力も大切ですが、観察力は全ての能力に通じています。
観察力があれば、身に着けている時計やアクセサリーから好みを汲み取ることができ、お客さまとの距離をぐっと縮めることもできます。また、リングのデザインの勉強をしている時にも絶妙な幅やダイヤモンドの大きさの違いにも気付けたりします。
お客さまのドリンクは無くなっていないか、荷物カゴは必要か・・・なども観察力です。


この能力は、新人でもベテランでも生かせる力なので、入社初日から取り組めると思います。


 

就活生へのメッセージ

毎日の就職活動、本当にお疲れ様です!


「結婚」とは一生に一度、人生で一番輝く瞬間です。その一大イベントのお手伝いをさせていただけることは、働いている私たちにとっても本当に幸せなことです。一度きりだからこそ、大きな責任感も伴いますし、初めは慣れないことの連続で「難しいな・・・」「大変だな・・・」と思うこともあると思いますが、それ以上に、何にも代えがたいやりがいや達成感を感じられる仕事でもあります。なにより、お客様からいただく「ありがとう」は宝物です。


皆さんと、同じブライダル業界で働ける日を楽しみにしていますし、心より応援しています。
キラキラと輝く笑顔で、楽しみながら就職活動を行なってくださいね!


 

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る