works

ドレススタイリスト

新郎新婦やご両親などの衣裳を担当するのがドレススタイリスト。会場内のショップでは、その会場のお客さまを専門に、街の路面店では、提携会場からのお客さまと、直接店舗を訪れるお客さまにも対応。ドレスだけでなく小物やアクセサリー、和装も扱い、新婦のご要望を汲み取って、魅力を最大限に引き出すコーディネートを提案します。


さらに衣裳の決定で終わらず、歩き方などの所作や写真のポージングもアドバイスするなど、新婦を当日までサポートする大切な役割を担っています。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

儀間 千春(ぎま ちはる)さん


(株)クラウディアコスチュームサービス
銀座クチュールナオコANNEX店
アシスタントマネージャー
入社:2010年7月

経歴

美容系専門学校卒業後、ホテルで1年勤務。その後、ウエディングプランナーとして3年勤め、ドレススタイリストとして(株)クラウディアコスチュームサービスに転職。入社2年目にチーフ職、5年目にアシスタントマネージャーに就任。

お仕事内容は?

店舗での接客のほか、マネージャーをサポートする立場として、スタッフの管理や、マネジメント業務などにも携わっています。


提携先の式場さまのミーティングに参加したり、フェア等の企画立案も担当。
また最近では、採用業務や、営業アシスタントとしての仕事もさせていただき、日々刺激を感じながら働いています。


 

1日のスケジュールを教えてください。

10:00 

出社

着替え、掃除、朝礼等など、お客さまをお迎えする準備

 

11:00 

店舗OPEN

顧客管理、メールチェック、挙式用衣裳準備など

 

13:00 

昼食

 

14:00 

接客

 

16:00 

外出

提携先営業同行

19:00 

帰社

 

20:00 

店舗CLOSE

退社

この仕事に就いてよかったこと、やりがい、大変なこと。

やはり、お客さまからの感謝の言葉が一番のやりがいです。
「あなたが担当で良かった」
と言っていただいたり、お手紙やプレゼントをいただいたり・・・。


「一緒に写真を撮ってください!」
と言われることもあって、お客さまの大切な思い出の中に自分も参加出来ているのだと実感できる瞬間が、この仕事の醍醐味だと思います。


大変なのはやはり、一生に一度のことに携わっているという責任の重さです。それは大きなプレッシャーにはなりますが、同時に自身を大きく成長させてくれると感じています。


 

必須アイテムは何ですか?

ドレスに触れたり、接客時に着用する白手袋、採寸に使うメジャー、名刺は必須アイテムです。


また、ドレスの試着時には当日をイメージしやすいよう、ヘアスタイルも作って差し上げるので、ウイッグなどヘアセット用の簡単なグッズも常に用意しています。


 

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

専門学校を卒業してホテルで勤務していた時に、挙式を間近で見ることが増え、素敵な仕事だなと感じるようになりました。


その後プランナーに転職し、憧れのウエディング業界へ。プランナーの仕事もやりがいがあり楽しかったのですが、次第に花嫁さまを美しく輝かせるドレスに惹かれるように。


そして最終的にドレスコーディネーターという仕事に就き、5年目になります。今は、これこそが自分の望んでいた仕事だと実感しています。


 

どのように就職活動をしましたか?

面接では、笑顔ではっきりと自分の思いを伝えることを心掛けました。


特に今の会社は、志望度が非常に高かったので、しっかりと会社の下調べをして、面接に臨んだことを覚えています。どんな歴史があって、どんな商品を扱っているのか。どんな事業があるのか。それを知ることで、入社後の自分のイメージも作ることができ、具体的な志望動機を伝えることができたと思います。


大切なのは、「具体的」であること。ただ頑張ります、御社で活躍します、というだけではなく、どのように頑張るのか、どのように活躍したいと思っているか。どんなことに挑戦したいか等、面接官にとっても、私が会社で働くイメージを作ってもらえるように心掛けました。


そして、何より熱意を伝えることを念頭に置きました。


 

この職業で、必要だと思われる能力とは?

「コミュニケーション能力」


最近の学生さんで、「自分はコミュニケーション能力があります」とおっしゃる方は多いのですが、周りの仲の良い同年代とコミュニケーションを取ることだけが得意な方が時々いらっしゃいます。


入社したころは、お客さまのほとんどが自分より年上の方です。また、その親御さまともお話ししたり、お手紙を書いたりする機会も多くあります。


自分の周りの人だけではなく、普段話をしない方にも積極的に話しかけたりして、本当の意味でのコミュニケーション能力を磨いていただくと、自分にとっても武器になると思います。


 

就活生へのメッセージ

大変なこともありますが、やりがいのある素晴らしい仕事です。こんなにも「ありがとう」の重みを感じられる仕事は、なかなかないと思います。


人と接するのが好きな方。誰かの記憶に残る仕事がしたい方。刺激を受けながら日々成長を実感したい方には、ぴったりの業界です。


お客さまを笑顔にすることで、自分も笑顔になる。そんな幸せのやりとりを一緒に体感しましょう。


 

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る