works

キャプテン

キャプテンの仕事は、披露パーティー全体を管理すること。プランナーからパーティーのコンセプトや進行を聞き取り、会場のセッティングを整え、司会者と呼吸を合わせて音響照明や演出などすべてを統括し、パーティーを進行。また、時間管理をしながらサービススタッフを統率し、料理・飲み物を提供します。
新郎新婦の先導も務め、不安なく過ごせるよう声を掛け、サポートします。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

志村 優貴(しむら ゆうき)さん


(株)ニュー・オータニ
料飲部 宴会課 宴会サービス係


2017年4月入社

経歴

東洋大学観光学部で学び、在学中からアルバイトで帝国ホテルにて婚礼や一般宴会等、さまざまな宴席を経験。2017 年に新卒で㈱ニュー・オータニに入社。ホテルニューオータニでレストラン、ベル業務を経験した後、今年から宴会課に配属。国際的な会議などに関わることも多い。

お仕事内容は?

私は現在「宴会マネージャー」と呼ばれる、宴席全体を統括、管理する仕事を担っています。


ウエディングでは、プランナーがお客さまと打ち合わせした資料を基に準備を進め、お客さまのイメージ、コンセプトに合った空間を作り出すため、サービススタッフ・調理スタッフ・音響映像スタッフ・司会者などとコンタクトを取りながら祝宴を完成させます。


さらに当日は新郎新婦のアテンドなども務めながら、おふたりはもちろん、出席されたゲストの皆さまが満足される時間となるようサポートしています。

1日のスケジュールを教えてください。

例:挙式が11時、披露宴スタートが12時の場合

9:00 出社 現場へ行き、会場チェック

9:30 披露宴会場準備

10:00 会場内準備(席札、引き出物など)

10:30 新郎新婦、ご両親へごあいさつ

10:45 会場最終チェック、準備完了

11:10 司会、音響、映像スタッフと最終打ち合わせ

11:20 挙式終了。受付ご担当の方へ受付の説明、ご列席者を待合へアテンド

11:30 サービススタッフミーティング

11:45 ご列席者を披露宴会場へご案内

11:55 新郎新婦をお迎え

12:00 披露宴スタート

15:30 披露宴お開き 送賓

16:15 新郎新婦お見送り

16:45 事務所へ戻り、事務作業(報告書、次の宴席の準備など)

18:00 退社

仕事をする上で大切にしていることは?

常にさまざまな角度から物事を見るようにしています。多くのお客さまにご満足いただくためには、一度成功したやり方もこれと決めつけることなく、新しい発見を大切にすることで、次のステップにつながると考えています。

必須アイテムは何ですか?

時計、ボールペン、打ち合わせ書です。


宴席は時間管理が重要。大切なことをメモするボールペンも必須です。そして、打ち合わせ書は暗記するまで事前に読み込みます。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

私の場合は、ホテルでの仕事の一つにウエディングがあります。ホテルを目指したのは、高校生の時に見たテレビで海外のホテル特集をやっていて、そこで働くホテルマンを見て憧れたのがきっかけです。


興味を持ってから、たくさんホテルを見に行きました。そんな中、厳かで格式あるホテルニューオータニの空間が好きになり、自分とフィーリングが最も合うと感じ、今の会社を志望しました。
日本は観光大国を目指し、訪日外国人客も増えています。時代性からもホテルは注目される仕事だと考えました。

どのように就職活動をしましたか?

ホテル業界に絞り、ありのままの自分に合う会社を選びました。


採用試験を受けていく中で、先輩の雰囲気、社風などを感じ入り、ここでならやりたいことができそうだと感じたのが入社した理由です。また、1964 年の東京オリンピックに向けて誕生し、活躍したホテルということもあり、次のオリンピックを控えて「大きな仕事に自分も関われるかも!」という期待もありました。今、それがかないうれしいです。


一つ反省点としては、外資系のホテルを就活の範囲に入れていなかったこと。もっと視野を広げて他社を知っておけば、就活だけでなく今後の仕事にも役立ったのではないかと思います。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

「探求心」


学生時代から“知りたい”という探求心を持って、いろいろな人や文化に触れるとよいと思います。興味を持って知るからこそ、その先が見え、世界が広がると思います。

就活生へのメッセージ

まず大切なのは、学業にしっかり向き合い、学んだことをちゃんと身に着けることだと思います。ホテルやウエディングへの就職にあたっては、必ずしも特別な資格を取る必要はありません。むしろその時間を遊びや旅行に使っていろいろな経験をしてください。


とても素敵でやりがいのある業界ですから、就活も楽しんで頑張りましょう。
お待ちしております!

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る