works

ジュエリーコーディネーター

エンゲージリング、マリッジリングといったブライダルジュエリーは、結婚を決めた時の気持ちや結婚式の感動と共に、一生身に着けていられるもの。結婚式にまつわるものの中でも、形に残せる数少ないアイテムの一つです。


高価な品を扱うため、服装や所作、会話など、その商品を販売するにふさわしい人材が求められます。またブランドの歴史や宝石の加工技術などの知識と共に、指先を飾るコーディネーターとしてのセンスも必要です。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

松浦 綾花(まつうら あやか)さん


(株)ニューアート・シーマ
銀座ダイヤモンドシライシ仙台本店/エクセルコダイヤモンド仙台店
副店長


2017年4月入社

経歴

プランナーを目指して埼玉女子短期大学ブライダル・コーディネートコースに進学。卒業後の2017年に新卒入社。東京・青山・熊本店などの勤務を経て、「銀座ダイヤモンドシライシ銀座本店」に配属。その後、東京本店を経て、19年8月より仙台店に異動。現在は10人のスタッフが働く店舗の副店長として活躍中。

お仕事内容は?

お客さまのご案内が主な仕事です。婚約指輪・結婚指輪のデザインの要望、予算、時期などを伺い、商品の提案をしています。ご注文いただいた商品が出来上がってくるとリングの検品も行ないます。また、結婚式場との相互送客をしておりますので式場への営業も。副店長としては、新卒・中途採用の面談や店舗スタッフへの接客ロールプレイング、売り上げの管理等を行なっています。

1日のスケジュールを教えてください。

平日

10:00 出社 制服に着替えオープンの準備 ex)店内の掃除、貴重品のカウントなど

10:30 朝礼 連絡事項、目標の共有

11:00 メールチェック、返信

12:00 お昼休憩(50分)

12:50 出来上がってきたお客さまの商品の検品やマネジメント業務

ロールプレイングや面談申請等があれば行なう

お客さまが来店されたらご案内(2時間ほど)

提携先式場への訪問営業

16:30 夕方休憩(30分)

18:30 締め作業

19:30 営業終了、終礼、退社

土日祝

9:45 出社 制服に着替えオープンの準備 ex)店内の掃除、貴重品のカウントなど

10:10 朝礼 連絡事項、目標の共有

10:30 お昼休憩(50分)

11:00 お店オープン

11:20 接客(2時間ほど)

13:30 接客(2時間ほど)

16:00 夕方休憩(30分)

16:30 接客(2時間ほど)

18:30 締め作業

19:30 営業終了、終礼、退社

仕事をする上で大切にしていることは?

お客さまはさまざまな思いを抱いてご来店されます。おふたりで結納や結婚式に向けて瞳を輝かせていらっしゃる場合もあれば、10年連れ添われたご夫妻が10周年の記念のリングを探していらっしゃる場合も。あるいは男性お一人の来店では、サプライズのプロポーズを考えていらっしゃるかもしれません。そうしたお客さまの思いをくみ取り、それぞれのお気持ち、立場、ライフスタイルに沿ったご提案をするよう心掛けています。

必須アイテムは何ですか?

副店長の名刺と、その名刺を入れている名刺入れです。「お客さまのために」の思いはスタッフ時代から変わりませんが、副店長の肩書きが付くと、責任感も増します。その分だけ「いいご案内をしよう!」と頑張る“元気の源”にもなっています。


名刺入れはそれにふさわしいものをと、ちょっと背伸びをして(笑)、ブランド物の皮製品を購入。やはり高額な商品を扱っていますので、機能性だけでなくお客さまからの見た目も大切にと考えて選びました。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

当初はウエディングプランナーを目指して、ブライダルコースのある短期大学に進みました。でも就活の際に参加した説明会で(株)ニューアート・シーマに出会い、思いが変わりました。「人を幸せにする会社」という理念に共感しましたし、ブライダルジュエリーは結婚式の後にも形として残り、その夫婦に寄り添い続けるもの。ご購入後もサイズ直しやクリーニングなどでお客さまとの関係性が続くことに魅力を感じ、志望しました。

どのように就職活動をしましたか?

ブライダル業界はスタートが早いので、秋頃からチェックをし、たくさんの企業説明会に参加し、選考に進みました。就活を進めるうちに、ご縁があってこの会社に出会い、ブライダルジュエリーが持つ価値を聞き、今の会社しかない!と思うようになりました。他社をたくさん知ったからこそあらためて自社の魅力が分かることもできたので、よかったと思っています。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

「コミュニケーション能力」


お客さまだけでなく、他のスタッフとの連携においても大切です。伝え方一つで、相手の受け取り方や反応も変わります。


学生の時からできることとしては、普段の会話を意識することだと思います。お友達やご家族、先生など何気なく話している会話の中に、コミュニケーション能力を高めるヒントはたくさん隠されています。難しいことはありません。日々の積み重ねこそが、とても大切ではないかと思っています。

就活生へのメッセージ

これから働く大切な会社ですから、作った自分ではなく、ありのままの自分を面接で見てもらって、それが受け入れられる会社に就職するのがいいと思います。自分らしく働ける会社であれば、毎日を楽しく過ごせるはずですから。


そして、「入社はゴールではない」ということ。どんな人生を送りたいのか、そのために今はどんなキャリアを築きたいのかを考えて就活に臨めば、ブレることなく、望む道をしっかりと歩めると思います。

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る