works

ウエディングプランナー(リゾート)

リゾートウエディングの場合、プランナーは挙式、パーティー、映像、写真などのほか、ハネムーンまでトータルでプロデュースするのが特徴です。企業ごとに国内外のさまざまなエリアや会場、プランを取り扱い、結婚式当日は主に現地スタッフが施行します。会場が離れた場所にあり、お客さまが事前に会場を見られない分、プランナーは画像や動画、VRを活用。提案力も必要です。

現役業界人にインタビュー

プロフィール

星 聡美(ほし さとみ)さん


 (株)グッドラック・コーポレーション
アールイズ・ウエディング銀座店 支配人


2015年3月入社

経歴

駿台トラベル専門学校を卒業後、都内老舗結婚式場に入社。キャプテンやプランナーを経験した後、㈱グッドラック・コーポレーションに転職。プランナー業務に加え、新店舗立ち上げなどにも関わる。2019 年8 月より現職。

お仕事内容は?

「アールイズ・ウエディング」はハワイ・グアム・バリ・沖縄の国内外リゾート地で行なうウエディングのプロデュース企業です。私は銀座店の支配人としてプランナーのマネジメントや育成、営業目線での目標達成に向けた売り上げ管理を行ない、同時に私も現役プランナーの一人として、お客さまの結婚式のプランニングをお手伝いしています。


プランニングについては、サロンで接客し、現地の手配をするだけでなく、現地スタッフとの情報共有により、挙式翌日にはお客さまがどんな笑顔で過ごされたかも画像・動画などで共有できます。また定期的に海外での現地研修もありますし、国際的なVIPが挙式などにはヘルプスタッフとして現地に入ることもあります。

1日のスケジュールを教えてください。

10:30 出社

    オープン準備(掃除など)

11:00 サロンオープン

    メール・各プランナーのスケジュール確認

12:00 新規プロジェクトのミーティング

13:00 ランチ

14:00 お客さまとの打ち合わせ

16:00 プランナー育成(ミーティングや接客ロールプレイング等)

18:00 お客さまとの打ち合わせ

19:00 1日の事務処理関係

20:00 退社

仕事をする上で大切にしていることは?

・「何事もやってみたい!と思ったらチャレンジをして、とことん楽しむこと」
私は常に挑戦し、チャレンジしていこうと決めています。特に「楽しそう!やってみたい!」と思えたら、すぐに行動を起こします。もちろん楽しいことばかりではないですが、チャレンジすることは、人間力のアップにもつながると信じています。


・「初心を忘れず、一度、お客さまの立場になって考えること」
ウエディングの仕事に携わり始めた20歳から、常に心がけていることです。自分だけではなく、相手の立場になって考え、行動をすることを大切にしています。

必須アイテムは何ですか?

・ノートパソコン
実際のウエディングイメージを写真や動画でお客さまと共有し、海外・沖縄の現地スタッフとのやりとりをするにも必須のアイテムです。


・名前入りボールペン
お客さまが記入する大切な書類ですから、特別なボールペンを用意しています。


・アールイズ・ウエディング専用ノート
スキルアップのために常にミニノートを持つようにしています。いつ、どこで閃きがあるかわからないので、思い立ったらすぐにメモします。忘れっぽいので必需品ですね(笑)。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

ジェニファー・ロペス主演の『ウェディング・プランナー』という映画を観て、インカムを付けて仕事をする姿に「こんな最高にかっこいい女性になりたい!」と思ったのが入り口です。そこから、高校生の時に始めた結婚式の配膳アルバイトで結婚式が生み出す世界観に直接触れ、鳥肌が立つ瞬間に何度も感動をし、ウエディングに携わる仕事をしたいと決めました。

どのように就職活動をしましたか?

その会社が、どんなことを大切にしている会社か見るよう意識していました。「個性やデザインにこだわる」「料理や伝統にこだわる」「思いにこだわる」など、さまざまな会社がありますが、自分が今後結婚式に携わる上で「大切にしたい」と思う部分が会社と一緒であることは、とても大事だと思っています。ちなみに、私は「思いにこだわる」を昔からずっと大切にしていて、グッドラック・コーポレーションも「思い」「本質」を大切にしているプロデュース会社です。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

「表現力・提案力」


お客さまから信頼を得て、楽しいと思っていただける接客をするためには「表現力」が必要。表情や感性が豊かな人と話す時は、誰だって楽しさを感じるからです。


もう一つ、プランナーには「何かを創り出したい」という思いから生まれる「提案力」も必要です。
そのためにはいろいろなものに興味を持ち、経験や感性を高めること。まさに自分磨きですが、美しいもの、素敵なものをたくさん見て、普段はできないようことを数多く体験して、人間力をアップしていくことですね。

就活生へのメッセージ

私は約10年、ウエディング業界に携わって仕事をしていますが、今までも、これからもずっと、この仕事を選んで本当に良かったと思い続けるはずです。
大変だなぁと思うこともあり、むしろその方が多いかもしれませんが…感動をして涙を流したり、一緒に思いっきり笑ったり、喜んだりして、自分をこんなにも成長させて心を豊かにしてくれる仕事は「やっぱりウエディングしかない!」と思っています。
少しでも「チャレンジしてみたい」、「やってみたい」という気持ちがあるなら、ぜひ飛び込んできてください。一緒にウエディング業界をもっと素敵な業界にしましょう!

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る