works

商品企画

商品企画は、営業やマーケティングの部署と連携し、新しい商品を創り出す仕事。一貫して販売戦略を立てられるよう、商品企画と広報を兼任している企業もあります。


開発する商品は企業によって異なりますが、ドレス、引き出物やペーパーアイテム、演出商材、パンフレットなどのアイテム系のほか、会場の場合はパッケージプランなどのプラン系も。市場のニーズを捉えた、魅力的な商品作りと発信が求められます

現役業界人にインタビュー

プロフィール

須田 彩絹 (すだ さいき) さん


(株)マイプリント
婚礼営業部企画部
スタイリスト


2017年4月入社

経歴

昭和女子大学環境デザイン学科を卒業後、新卒で(株)マイプリントに入社。半年間の新入社員研修を経て、婚礼営業企画部に配属。

お仕事内容は?

新商品開発を中心に、開発した新商品の販促イベントを企画立案し、また商品撮影コーディネートなども担当しています。

1日のスケジュールを教えてください。

ある日の場合

9:00 出社

9:05〜9:15  朝礼

9:15〜10:00 メール&スケジュール確認

10:00〜11:00 新商品ミーティング

11:00〜12:00 チームミーティング

13:00〜14:30 メール確認&撮影イメージ出し

14:30〜16:00 撮影備品や試作素材買い出し

16:00〜17:00 販促イベントミーティング

17:00〜19:00 メール確認&資料作成

19:00 退社

仕事をする上で大切にしていることは?

最善を尽くすこと。納期や企画審査を考えたスケジュールだけに縛られることなく、常に商品を送り出す側として納得し、100%の出来までクオリティーを高められるようこだわっています。

必須アイテムは何ですか?

付箋ですね。とにかくアイデア出しからタスクリストなどを机に貼りまくって、毎日大量に使っています。仕事管理やアイデアなど色別に分けており、ぱっと見で分かるようにしています。


一つのプロジェクトが終わると取り除き、机の上もきれいに(笑)。「終わった~!」という達成感を味わう瞬間です。

ウエディング業界を目指された理由やきっかけは?

私の場合は、マイプリントという企業と出会い「この会社に入りたい」と思ったことがいまの仕事となっていますので、「絶対にウエディング業界に入ろう」というわけではありませんでした。

どのように就職活動をしましたか?

大学時代、特に「紙」と「色」の分野に興味を持ったことから、就職する企業も文房具メーカーなども含めて制作系の仕事に就きたいという思いがありました。ただ面接を進めていくうちに、マイプリントの存在が大きくなり、途中からは他社の選考を断ってマイプリント一本に絞りました。

この職業で、必要だと思われる能力とは?

「アイデア出しの能力」


いつも新しい企画を求められていますので、いろいろな分野に興味を持って、いつもアンテナを広げておくことです。思いついたり、気付きがあった時にはすぐにメモ! その整理でも付箋が役立っています。

就活生へのメッセージ

難しいことですが「自分を見失わないこと」です。私自身も働きやすさと自分の好きなことの2軸で、どちらを優先すべきかで迷いながら就活をスタートしましたが、進めていくうちに「やっぱり同じ苦労するならば好きな分野の仕事で」と気付いてから方向が定まって、今の会社に絞ることができました。


就活中は内定が出たとか、とかく周囲の人が良く見えるものです。それでも「自分らしく生きていくには」という点にこだわって、周りに流されないということも必要です。あせらずに、就きたい仕事に就くことができれば、それが最良の選択だと思いますので、気持ちを強く持っていただければと思います。

ウエディングのお仕事一覧ページへ戻る